×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

津田塾大学ってどう

津田塾大学は英語をしっかりと学びたい人には、とてもいい大学だと思います。津田塾大学の英文学科には、単に魅力的な7つのコースが用意されています。英米文学、イギリス文化、アメリカ文化、英語学、コミュニケーション、多文化・国際協力・メディアスタディーズ・コースが津田塾大学のコースになります。そして副専攻として翻訳コースと通訳コースも開設があり、実践的な英語の能力を高めています。津田塾大学の英文学科の学生は、英語の勉強は当然ですが、留学や海外での語学研修も体験します。さらにサークル、ボランティア活動など、たくさんのことを経験することが出来ます。津田塾大学英文学科は英語を学ぶための充実したカリキュラムが用意されています。津田塾大学の名称は「女子英学塾」→「津田英学塾」→「津田塾専門学校」→「津田塾大学」と変化してきました。

津田塾会ってどう

津田塾会は昭和22年に津田塾大学同窓生が設立した公益法人で、現在では、5つの事業を経営しております。その津田塾会の事業内容は津田英語会、津田スクール・オヴ・ビズネス、津田国際研修センター、津田日本語教育センター、津田ホールになります。明治初期に、日本で初めての女子留学生の一人として渡米した津田梅子が帰国後、津田塾大学の前身となる女子英学塾を創設しました。津田塾会は、その津田梅子の志しに基づいて活動を続けています。その当時に英語を身に付け人生を切り拓いて行くという発想は大変なことだと思います。しかも女性がですから、なおさら津田梅子の志しの強さを感じます。また津田塾会では津田塾会が開発したオリジナルテキストの「津田ステップ」があり高校範囲までの英文法をマスターし、基礎から英語力を築いていきます。 講座によっては高度な内容もあり、真剣に英語を勉強したい方は津田塾会で学ぶこともいいと思います。

津田塾 偏差値ってどう

津田塾大学は偏差値は高いようです。津田塾大学は偏差値のレベルとしては立教大学や明治大学と同じくらいのレベルと考えていいと思いますから入試問題もレベルも想像できますね。津田塾大学を受ける人は上智大学や東京外語大、慶応大学を併願して受ける人も多いようです。津田塾大学を受験する人は英文と国際関係を併願する人が多く両方とも受かった場合は、国際関係にいく人が多いようです。そのため偏差値としては国際関係の方が少し高いようです。津田塾大学の入試問題には簡単なヒアリング問題があり記述式の問題は多く出題されるようです。また津田塾大学は偏差値だけでなく有名私立3女子大と言われている他の2つの大学の東京女子大、日本女子大の中でも、社会的に活躍している卒業生を輩出してきたというイメージがあります。ちなみに字幕翻訳で有名な戸田奈津子さんも津田塾大学卒業です。

Copyright © 2007 津田塾大学の英語、偏差値ってどう